FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

個別記事の管理2011-04-19 (Tue)
 
震災から1カ月が過ぎ、私の街の桜が散り始めた先週の13日
 
私の父(89歳)が亡くなりました。
 
この日母に電話をして父に会いに行く日を決めようと思っていた所に
 
姉から電話が入り、父が危ないから直ぐにホームに来るようにと・・・。
 
それから急いで支度をしホームに向かいました。
 
着いた時には父はすでに亡くなっていました。
 
家族全員お別れも出来ず旅立ってしまいました。
 
去年の秋頃から急激に身体が弱り1度は覚悟をした事があります。
 
その時から何時かはこんな日が来るとは思ってはいましたが
 
父と最後のお別れも出来ず寂しさが募るばかりです。
 
そして先月会いに行けなかった後悔も・・・・。
 
 
父が亡くなる2日前に母と妹が訪ねた時はいつもと変わらない様子だったそうです。
 
施設の方も亡くなる2時間前に様子を見に行った時は変わった事もなかったと。
 
 
母や姉達は苦しむ事もなく安らかに天国に行ったと・・・話していました。
 
でも私は事故で身体が不自由になり最後の3年間は歩く事も出来ず
 
車椅子生活・・・体に痛みがあっても言えなかっただろうに
 
父にはいままで大変な思いをして長生きしてくれてありがとうと言いたいです。
 
下町育ちで職人気質の父は怒ると怖く私はよく祖父母に助けてもらってました。
 
人が良かった父は保証人になったばかりに借金を背負ったこともありました。
 
私もどちらかと言えば江戸っ子気質なので父の性格に似ています(苦笑)
 
 
 
父の住んでる町に桜とお団子で有名な太平山があります。
 
父を乗せたバスが向う途中太平山の桜が綺麗でした。
 
今年の桜は一生忘れられない思い出になるでしょうね。
 
 
今1番心配なの母の事。
 
今はいろんな手続きで忙しく母と一緒に飛び回っていますが
 
きっと49日が終わった頃に寂しさが募るのでしょうね。
 
これからは今まで以上に電話をしたり会いに行きたいと思っています。
 
 
ご両親が健在の皆さんは悔いが残らないよう親孝行をしてくださいね。
 
 
 
 
そんなこんなでこころの3才の誕生日(15日)が出来ませんでした。
 
後日お祝いをしようと思います。
 
父の葬儀の日(16日)栃木県南部に大きな地震がありました。
 
心配してくださった皆さん、幸いショコラとこころは訓練士さんに預けていたし、
 
我が家の被害もなかったので心配しないでくださいね。
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 全記事一覧
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する