FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-08-18 (Wed)
 
毎日「今日も暑いよね」が合言葉になってる私地方です。
 
2年前サッカーで顔面を怪我して手術をした息子。
その後遺症とでもいいましょうか、下瞼が逆さまつ毛になり17日に3度目の手術をして来ました。
午前中に血液検査をし午後より手術!
2時間でしたが凄く長く感じました。
これが最後の手術になってくれることを祈るばかりです。
 
 

 
 
 
 
さて今回の主役はマロンです。
8月16日はマロンの6歳の誕生日でした。
そして今年の夏は初盆でもありました。
息子の事や私の体調もあまり良くなかったので
お祝いは後日しようと思っています。
 
 
我が家に初めて来たのは2004年10月25日(月)
ホームセンターまで私が独りでお迎えに行きました。
お迎えの1週間前に息子と見に行ってマロンに一目ぼれ(*'ー'*)ふふっ♪
注射を打ったばかりだったので一番早くお迎えに行ける日にと25日なりました。
 
初めて撮った写真は
 

 携帯で撮った写真(26日)
 
 友達に送った写真です。
 
 かわいい~。゚+.(≧∇≦)゚+.゚!!!
 
 親バカでごめんね
 
 
 
 
 
 
 

 
これも携帯で撮った写真
 
ヌイグルミみたいでしょ
         (*´_`*)えへ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マロンが我が家に来た頃の息子は中学生で
サッカーをしていました。
週末はサッカーの試合で出かけることが多く
その頃のマロンは旦那とお留守番でした。
 
でも週3日の練習の時は一緒に車に乗って
送り迎えをしてたんですよ(*'ー'*)ふふっ♪
いつも車に乗って迎えに行くので息子のサッカー仲間からたくさん可愛がってもらいましたよ
 
 
 

 1歳の頃のマロン
 
 息子との遊びは・・・
 
 ジャージのファスナーを
 壊された事も(;´д`)トホホ
 
 まだまだ元気な頃のマロン!
 
 
 
 
 
息子高校1年の冬、マロン3歳半のとき突然の発作
そして門脈シャントの病気が発覚Σ(・v・`;;=) ショック…
2008年2月より治療開始
ここからマロンの病気との闘いが始まりました。
 
その頃のマロンは発作がない時はいたって元気でしたよ。。
 

 
 
疲れて帰ってくる息子の傍でいつも一緒に
「にいたんおつかれさま~試合頑張ったね」
とでも言ってるかのように寄り添っていましたよ(⌒~⌒)ニンマリ
 
 

 
 
息子と一緒に撮った最後の写真!
大学も受かり入学式を待つ頃の息子とマロン。
 
 
今振り返って思うことはいつも息子の大切な日には
1度も発作を起していないマロンでした(~^T)ジーン
 
酷い時は2週間ごとに発作を起していたマロン(・・,)グスン
 
大切な大会の時や高校最後の大会、体育祭、
センター試験の時、大学入試の時、発表の時・・・
そして大学の入学式などなど。
 
学校にも慣れバイトも始まって順調に行き始めたそんな時マロンは旅立ってしまいましたo(TヘTo) クゥ
 
大好きだった息子を見守って、マロンは満足したかのように天国に行ったように思えてなりません。
 
 
これからお見せする動画をどうか見てください。
マロンの発作の動画はとても辛くて撮れませんでしたが
発作の後のマロンの動き回る様子を撮った動画です。
 
 
 
これも軽い発作状態と獣医師が言ってました。
強い痙攣とは違いますが私が声をかけても反応せずただひたすら歩きまわってます。
長い時は1時間近く歩きまわってます。
発作で疲れているのに・・・。
 
マロンを見てくれていた先生はどんなに発作の回数が出ていても1日半以上発作が出ていなければ薬を使ってくれませんでした。
発作が酷いと電話をしても様子を見て明日の朝になっても発作が止まらないようなら連れて来なさいが口癖でした(´・ω・`)ショボーン
最悪の選択は麻酔をかけてで眠らす方法しかなく、発作のわんこが麻酔をするのはとても危険な行為なんです。
もしかするとそのまま目を覚まさないことを覚悟で麻酔をしなくてはなりませんでした。
 
他にも座薬や注射もあるのにその先生は進めてくれませんでした。
 
早く発作を止めることが大事だと最後に観てくれた先生が言っていました。
 
なにをもっていい先生と言うのか分かりませんが
マロンと私にとってはもっと話を聞いていろいろな治療方法をして欲しかったと思いました。
 
 
痙攣発作を起こしている時の飼い主はなにも出来ないしてあげれないことのもどかしさ、切なさ、辛さは経験して初めて分かりました。
 
 
マロンの誕生日にこんな話をしてしまいましたが皆さんも愛犬が元気なうちにたくさんの愛情を与えてあげてくださいね。
 
 
※マロンの話になるとまだ涙が出ちゃうからコメント欄は閉じさせていただきます。
 
 
 
 訪問が遅れていてごめんなさいm(*‥*)m
 少しずつ伺いますので待ってて下さいね。
 
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 全記事一覧
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する